ブログ

通りすがり 2017/7/25コメント: 0
(このポストはOption取引を推奨するものではありません) (通りすがりはへったくそなので参考にもなりません) (またオプション市場は株/先物と違い完全ゼロサムでマネーゲームの場ですから、「興味をひかせる/誘ってる文言」=「カモを探している」が基本です!気を付けてください! 笑) (CSP/CCWとroll、もしかしたら屑CALL/PUT買い、それだけの手法で行く予定ですので、基本的に見てて面白…
Max Hata 2017/8/5コメント: 0
最近、米国税法改正の動向というか停滞にかかわる話しが多く、税法そのものの実質的な話題に乏しい。ひとつには新政権の規制緩和努力に伴い、財務省等の行政府が以前のようにむやみやたらと規則を発行し辛くなっているという背景もあるだろう。ここ数カ月で考えると、5月に公表されたスピンオフの「North South取引」に対するRevenue Ruling 2017-09がSub C的にまあ興味深かった位。 そん…
Max Hata 2017/7/1コメント: 0
最近、何回か続けて「何周年記念」みたいな話しを聞く機会があった。まずは何といってもiPhone発売10周年。発売の日に店前に並んだけどそこでは買えなくて結局別の店でようやく元祖iPhoneを手にしたあの日の感動から10年とは時が経つのは早い。その後買ったiPhoneは次々と空港でなくしたり、タクシーに忘れたり、飛行機のシートに挟まれて割れたり、ポケットに入れたままプールに入ったり、修復不可能な位ス…
通りすがり 2017/6/28コメント: 0
掲示板でのオプションの話で「機会と時間と遊び資金さえあればマッタリoptionぐらいならまたやりたい」なんていいましたが、時間もそこそこあるし、$10kぐらいならまあ無くなっても笑ってられる程度の余裕はあるので、久々に(10年以上ぶり3度目)オプでもいじってみようかと思い、deactivate(close)してたIB口座を復活させるよう申請しておきました。 まったりなので手法は掲示板で言ったとおり…
Max Hata 2017/6/16コメント: 0
前回のポスティングでは、税法改正と言うのはテクニカルな話しではなく、むしろポリティカルな話しであること、また税法改正の行方が白紙に近い状態にあることから自分に都合の悪い規定は阻止しようとDCにて強力なロビー活動が展開されている点に触れた。最終化されるかどうか分からない、またされるにしても改正内容が不明な税法改正の話しに、現時点でどれだけ時間を割いて触れていくのかは微妙な問題だけど、パススルーに関し…
Max Hata 2017/6/11コメント: 0
前回まで3回「国境調整」というかDBCFTが目指す真の姿とそのポリティカルな運命に関して触れた。DBCFTにかかわる議論を見ていると税法改正と言うのはテクニカルな話しでは全くなく、ポリティカルな話しであることが良く分かる。ポリティクスというのは時には事実関係とか法の支配とは関係ないところで事を進めていく傾向があり予見可能性が低く太刀が悪い。余りにポリティクスの影響が強力で、過去数カ月の議論を見てい…
Max Hata 2017/6/1コメント: 0
前回、前々回と下院歳入委員会が提唱するThe Blueprintの中のDBCFTのうち消費地課税を実現するためのメカニズムとなる国境調整、そしてキャッシュフロー課税について触れた。また、国境調整に関しては一般メディア等には正しく理解されていないように見受けられる点にも触れた。5月23日には下院歳入委員会による国境調整に特化したヒアリングが開催されたり、Kevin Brady等による必死の延命措置が…
Max Hata 2017/5/29コメント: 0
前回のポスティングでは、トランプ大統領・行政府による税法改正プラン初の公式発表とその後の税法改正の動きの最初のフォーカスとして国境調整に関して書き始めた。下院歳入委員会が提唱するThe Blueprintの中のDBCFTは法人税に消費地課税という概念を導入しているが、その消費地課税を実現するメカニズムが国境調整と言われるものだ。一般メディアの報道を見るとこの「国境調整」とトランプが余り深い考えなく…
Nobu 2017/5/27コメント: 0
先日、Quicken(アメリカの家計簿ソフト)を使って銀行の明細をダウンロードしようとしたら「今はダウンロードできないので、あとでリトライしてください」というような内容のメッセージが表示されました(当然英語のメッセージだったんですが、正確な原文を忘れてしまいました)。リトライしてと言っているので、数日経ってから試してみても同じエラー、さらに数日待ってもエラーとなり、あれっと思って確認したら、私の使…
Max Hata 2017/5/27コメント: 0
前回のポスティングまで7回に亘って4月26日のトランプ大統領・行政府による税法改正プラン初の公式発表に触れてきた。考えてみれば、僅か23分の会見に7回ものポスティングを費やしたことになる。で翌日以降のメディア等の反応は温度差はあったとは言え論調は似ていた。まず、主たる反応として「詳細なし」という点に対する失望感。これは大統領府として何をしたいかという方向性が欠如しているというよりも、議会との間で何…