Covered Expatriate

John 2022/05/18(水) - 00:18

もし米国市民権やグリーンカードを放棄する場合、Covered Expatriateに該当する人はどのように節税するのが正解なのでしょうか?僕の理解では、有価証券の含み益をガンガン取られてしまうので、

1) 年度内に株式を出来る限り現金化、翌年低い税率で確定申告

2) 確定申告が終わったら米国市民権を放棄

3) 手続きが終わったら日本の証券会社で有価証券を購入

こんな感じでしょうか?

りんどう(ゲスト) 2022/06/02(木) - 03:30

今のところ全世界の資産の合計が2ミリオン以上という事なので、不動産を所有している場合はあっという間にcovered Expatriate 認定されてしまうと思います。なので不動産をお持ちの場合はまずそれを処分してレンタルに移ってから永住権、市民権放棄を始められるのが良いと思います。これをしておかないと日本に帰国後日本でも不動産売却益に課税される事になると思います。株式なども1年以上のlong term investmentから15%税率のものを処分し、現金化しておけば2ミリオンを超えても含み益は無くなるので課税しようがないはず。

John 2022/06/02(木) - 11:50

りんどうさん、アドバイスありがとうございます。

725Kが控除されるようなので、含み益が725K以下に収まるようにしてから市民権放棄の手続きを開始するのが良さそうですね。2M以上で引っかかる人は多いのかもしれませんが、実際に払う額はあまり多くないかもしれないので少し安心しています。

コメントを追加

Image CAPTCHA
上に表示されている文字を入力してください。