掲示板

ドルの行く末

こんにちは。久しぶりに投稿させていただきます。
ここ2,3年ドルが危ないかもという記事がちらほら出ていましたが、この半年でそれが加速して、ウォーレンバフェット、ロンポール、ジムロジャーズなどの記事を読んで、悠長にドルで投資している場合ではないのではないかと思うようになってきました。

お給料はドルでもらい続けるし、家は売ってもドル資産、401Kも一応国際投資ファンドを選んではいますが、それでもドル資産。
となると、キャッシュアセットは外貨とするか、金や銀のコモディティにしたほうがいいのかな、とか。外貨は為替取引としてレバレッジをかけないで取引していれば外貨預金みたいなものになるのでいいのかなと思っています。
皆さんどう思われますか?

最初にお断りしておきます。これはあまり現実の役に立つレスではありません。

わたしは個人的には金(ゴールド)にはあまり信用を置いていません。だって、歴史的に値打ちのあるものとはされてきたけれど、いざというときに食べられないし、焚き付けにもならない。(第一次大戦後のドイツのインフレ時には、紙くず同然の紙幣を焚き付けにしたり、壁紙がわりに使ったりした写真が残っています。)Emerging market、とくに中国やインドは、金を尊ぶ習慣があるので、当面は金が値崩れすることはないかもしれませんが、わたし自身の好みからいうと、organic farmのREITみたいなものがあればいいのになあと思っています。(配当は現物支給の方が嬉しいかも。)

日本円は今すごく上がってますけれど、これも将来にわたってずっと続くとは思えないですよね。わたしが物心ついた頃は、一ドル360円でしたから、それを考えるとものすごい変化ですけれど、天然資源にしても農地面積にしても、アメリカは日本とは桁違いですので、まあドルが弱くなっても、アメリカに住んで普通に暮らしている分には、飢え死にすることはないだろう、くらいに思っています。

本件興味あります。「皆さんどう思われますか?」ということなので、ドシロウトの意見を勝手に書きます。

1)これ以上の円高が長期的に続かない場合、今安いドルを外貨に変えるのは不利。株が高いときに株を買うようなもの。
2)これ以上の円高が長期的に続く場合、日本経済が悪くなって、結局円高に歯止めがかかり、円高傾向にブレーキがかかるので、上げ幅は高くならない。たぶん(笑い)。<笑い事ではないのですが。(しかし、好調だった日経平均が円高で下がっているのは日本人の皆さん残念ではありませんか???)
3)国際ファンドでとくに、新興国ファンドは現在好調ではありませんか?私のはYTDで60%くらい行っています。これは「通常の」為替リスクを考慮に入れた範囲だと思うので(正しい??)、買い戻した場合、YTDで60%くらいの利益になります。
4)貴金属系ファンドも現在好調。ほぼ偶然というか、シロウト感覚で私はいいときに買いました。

以上のことから、国際ファンドがちょっと多すぎの私は動くに動けないというか、3と4が上がってしまって、今後も特に問題が大きいという情報がない(アメリカが財政破綻しない場合)ので、私が今動くのは不利と考えます。皆さんのツッコミ、ご批判を期待しております。

アメリカの短期利子が下がって、円キャリー・トレードに変わって、ダラー・キャリー・トレードが盛んになり、ドルに下降プレッシャーを掛けているみたいですね。

でも、主要貨幣の為替は振り子みたいに左右に振れるものというのが私の素人的認識です。辛抱強く待っていたら、2~4年内にまた逆の方向に振れることもあるんじゃないでしょうか。レートが一方に大きく振れると、必ず○○終末論みたいな意見が続々出てきますが、そういう時にパニックして慌ててお金を動かすと長い目で見るとかえって損することが多いような気がします。

資産をある程度国際分散させておくのも、長期的に悪いことじゃないと思いますけが、今すぐより少し機会を待った方が良いのでは?

F Friesさん、iさん、ボビーさん、お返事ありがとうございました。
私が上に名前を挙げた要人たちの一部は、米国債バブルがもうすぐ破綻するというようなことを言っています。その際、アメリカドルが基軸通貨ではなくなって、IMFのバスケット通貨取引になるため、ドルの価値がずっと下がるという理論らしいです。
そしてバスケット通貨の中には金が含まれるかもしれないという思惑も、金の値をあげていく要素となっているようです。
確証はだれにもありませんが。。。

F Friesさんのアイデアはとても個性的でおもしろいですね。F Friesさんの温かいお人柄が伝わってきました。
焚き付けになる紙幣を好むとか、organic farmのREITとか。私もorganic farmのREITだったら買いたくなるかも。この経済危機でアメリカのorganic farmerたちは大打撃だそうですが、あきらめないでorganicを続けていってもらいたいものですね。
普通に暮らして飢え死にしないレベルだったら確かに確保できる気がします?

iさん、
円高が長期に続くのはドルに対してだけで、日本はアジアや世界の新興国向けに取引を始めていくことになるでしょう。アメリカの消費には頼らない構造に転換するというわけです。でもあと10年はかかりそうですが。
新興国ファンドは怖いぐらい上がっていますね。特にラテンアメリカ。私は投資してなかったのですが、その脅威のリターンを見てバブルの様相に見えてしまいます。
これからはコモデイティの時代だ(もう始まっていますが)といわれており、私も貴金属系はしばらくよいと予想しています。

ポピーさん、
たしかに普段だったら通貨は振り子のようだと思うのですが...、今回のドル離れは100年に1度というレベルのような気がします。もっというと、これからドル崩壊、アメロへ進むのだという人もいます。
私は存じないのですが、その昔1ドル79円まで行ったときも終末論のような話は出ていましたか?
心配しすぎなだけだといいのですが、確かに焦りは投資に禁物ですね!

コメントを追加