掲示板

「※おおっと※」について

※おおっと※に関する投稿です。

Optionシリーズは終わっちゃったんですね。やっぱり「お遊び」としても気力と時間が必要ってことでしょうか。楽しませてもらいました。ちなみに私は「おっとっと・・・」の部分、サッパリ分かりませんがサラッと流させてもらって・・・。今年は変動が多い(Volatilityが高い)相場という予想がありましたが、その通りになるのかもしれませんね。NPRでも2017年の方が例外だと言ってたし。

(すみません、別トピックにも同じ内容を投稿しましたが、至急通りすがりさんからのご参考意見を頂戴いたしたく、通りすがりさんが本日この投稿に目を通してくださることを祈ってこちらにも書き込みします。)

その後しばらく書き込みしていませんでしたが、通りすがりさんのオプション日誌はいつも楽しく拝見していました。身近にオプションをやっている人がいませんので、大変参考になり、本当にありがたく思っていました。

私に関しましては、昨年は税金処理の都合上、投資による課税対象所得を増やしたくなかったので、オプションはバーチャルアカウントで地道に練習していました。その一方で、練習用に小額で現物株を先に購入して、今年に備えていました。

購入した現物株はSNAP、200株です。
この銘柄にした理由ですが、小額で購入したかったので一株あたりの金額が低いのがよかったのと、IPOから日が浅いせいかIVが高くオプション取引にちょうどよいのではないかと思ったからです。
一応ニュースや決算報告日などに注意を払い、運よく、現時点での底値を打った8月11日に一株あたり$12で購入することができました。ですので200株で購入トータル額は$2400でした(手数料は除く)。それから年が明けるまで放置していましたが、今年に入っていよいよリアルトレードでCovered Callの売り建てを試してみようと思い、アカウントもオープンさせました。

SNAPは2月6日に決算報告日を控えていましたので、株価が変動するのではないかと思い、あさってのFeb 09 '18 が期日のストライク価格 $15.50、@$0.50のプレミアムで2枚、CCWの指値注文を先日オンラインで設定してみました。その前日のSNAPの終値は$14.10くらいでした。

練習のつもりでしたのでプレミアムは少なくてもよかったですし、もし権利行使されてたとしても元々$12で購入した株ですので、$15.50で売れれば値上がり益 $700 +プレミアムがもらえて満足だと思っていました。
今朝一番にアカウントをチェックしたら、SNAP株価が急騰し始めプレミアムも上がり、@$1.53で私の注文がFilledされました。つまり、受け取れるプレミアムは$306になりました。

しかしその後、SNAP株価は予想外にみるみる上がって$20.75となって本日を終えました。
つまりSNAP 200株のマーケットバリューは現在 $4150となっているのですが、私のオプションストラテジーバリューは$3406となっているので、現時点で差し引き$744の儲け損ないとなっています。

この場合、通りすがりさんでしたら反対売買を行いますでしょうか?
現在プレミアムは@$5程度にまであがっています。

このまま期日を迎えても、損をする訳ではないので構わないのですが、反対売買について勉強不足だったことに気づき、あわててこの投稿を書いています。(笑)

あつかましいお願いで本当に本当に恐縮ですが、もしよろしければ今晩中(2月7日)か、明日の午前中くらいまでにご返信頂けるとものすごーーく嬉しいです。すみせんがどうぞよろしくお願いします。

@Nobuさん

いや~ 石の中にいる!は、某古い古いゲームのネタですね。そのゲームがやりたくて"Apple II"を買うとか買わないとかいう話があったレベルで古い。
変なネタつっこんですみません(笑

> やっぱり「お遊び」としても気力と時間が必要ってことでしょうか

私は飽きっぽいのです(笑
ふつふつとやる気が出て、やり始めるとどんどんやる気メーターが下がっていくという。

> 今年は変動が多い(Volatilityが高い)相場という予想がありましたが

それにしても、ちょっとボラ高いですね。かなりのひどいFlash Crashだったかと。

以下余談ですが。
前回のCrash(非Flash Crash)、いわゆるリーマンショックがサブプライムローンに対しての複雑怪奇な金融商品を根源とした金融危機でしたが、今回は似たようなネタでVIX (levaraged) ETNがありますね。
VIX Levaraged ETN、VIX指数を元にしたVIX Future/Optionをベースとした金融商品なのですが、VIX ETNの売りは濡れ手で粟と去年は言われてて、超絶安定右肩上がりだったためにかなりの数のヘッタクソ金融屋が手を出していたようです。
これがボラの急騰所以のVIXの急激な上りで一晩でNAV -90%とかふざけた状態になって阿鼻叫喚。しかも、大抵のVIX ETNは早期償還条項がついているので(本当は時間経過と共に勝率があがるはずのOption Shortベースなのに)いきなり強制償還を迎えたりしていて、もしかすると見えない所でどっかの金融屋が沈没の危機に陥ってる可能性があったりしかねない雰囲気。

VIX ETNの性質上2ヶ月先の先物と1ヶ月先の先物の合成ポジションで作られているか、そうやって作られたOptionで構成されているかのどちらかなので、来月半ば~再来月あたりに膿が出て来る可能性がありますね。膿を出し切っちゃえばファンダは良好なので持ち直しそうですけど。そうなるといわゆる米相場格言である「節分天井彼岸底」が形成される可能性がなきにしもあらず。

@ペンギンさん

SNAP、今日とかに+40% overですよね。こういう急騰でどうにもならないのがCCWの怖い所(CSPも遺失利益という意味だと急騰に弱いのは同じ)。

> この場合、通りすがりさんでしたら反対売買を行いますでしょうか?

まあヘッタクソな私に聞くのはどうかと思いますけど!(笑

ファンダ面での所見はSNAPの急騰がどういう理屈なのかを見ていないので何とも。

でもCall売りの欠点は急騰した時の損失が無限大なのにも関わらず、現物抱えてればIn The Moneyになっても損益固定という利点を鑑みれば、(利点享受で)基本的に放置でいいと思いますよ。
普通はCall売り抱えて+40% overの急騰とか喰らうと夜寝れませんが、CCWなら何も考える必要が無いのが利点なので。

Assign喰らうようなイベントは「負け」といえば負けなのですが、負けは負けとして認めるのも短期投資/投機には大切です。
SNAPまだまだあがるだろ!って思うならば来週以降、利益確定の動きでちょっと値を戻した時にでもCSPすればいいんじゃないでしょうか。

ちなみに、

> SNAPは2月6日に決算報告日を控えていましたので、株価が変動するのではないかと思い

こう読んだ時はOption Short(売り)は下策かと思います。
Option Shortは端的に言うならばボラティリティが高めの時にボラの低下にBETするものなので、株価の変動を予測している(=ボラが上がると思ってる)場合は基本損です。
むしろ短期の株価の動きを予想した場合は、Optionの買いの方が相応しいです。
下に行ってしまうのが怖い場合ならちょっとばかりOut of MoneyなPutを保険で、上に行く可能性があると思ってて現物保有以上の利益をもっと求めたいならCallを、どっちかわからんが動くと思えばLong両建てで、というのが上策。

通りすがりさん、早速のご返信本当にどうもありがとうございます!(嬉涙)
ご親切に心から感謝です。

> まあヘッタクソな私に聞くのはどうかと思いますけど!(笑

あ、そう言えばそうでしたね。すっかり忘れていました!(笑 & 冗)

>ファンダ面での所見はSNAPの急騰がどういう理屈なのかを見ていないので何とも。

ファンダ面では安定していないとの見方が大半、という論調のニュースが多いようです。

>でもCall売りの欠点は急騰した時の損失が無限大なのにも関わらず、現物抱えてればIn The Moneyになっても損益固定という利点を鑑みれば、(利点享受で)基本的に放置でいいと思いますよ。
普通はCall売り抱えて+40% overの急騰とか喰らうと夜寝れませんが、CCWなら何も考える必要が無いのが利点なので。

はい、そうですね。夜はぐっすり眠れそうなのでよかったです。

>Assign喰らうようなイベントは「負け」といえば負けなのですが、負けは負けとして認めるのも短期投資/投機には大切です。

これはまさにおっしゃるとおりですね!
「負けは負けとして認める」っていうことの大切さを学べたように思います。
気づかせてくださいまして、ありがとうございます。

>ちなみに、
>> SNAPは2月6日に決算報告日を控えていましたので、株価が変動するのではないかと思い
こう読んだ時はOption Short(売り)は下策かと思います。
Option Shortは端的に言うならばボラティリティが高めの時にボラの低下にBETするものなので、株価の変動を予測している(=ボラが上がると思ってる)場合は基本損です。

これについては一応勉強して基礎知識としては持っていたはずなのですが、今回私の読みがまったく外れてしまいました。というのも、私はこのように読んでいました。「決算報告後に上に行くか下に行くか分からないけど、大きく動く場合は下に、もし上に行く場合は少しだろう」と。注文を出す時点での損益分岐点が$16でしたので、これまでの値動きからしてもファンダ面からしても、もし上に行ったとしても$16より上に行くことは恐らくないだろう、と(通りすがりさんが以前におっしゃっていた「勝手な個人の自信に基づくマーケット感」で)読んでいました。(笑)

ですので、損失は出していないとはいえ、「読みがまったく外れてしまった」という意味において、私は「負け」たのだな、と思います。気づかせてくださいまして、本当にありがとうございます。

まあ負けたことを認めないでアタフタ動くと大抵往復ビンタ喰らいますからね。
例えばペンギンさんの場合ですと、Call Shortをcloseして現物の値上がり益をfullに享受しようとしたら、現物はその後「行って来い」でもとの値に戻ったりとかもよくある話。

短期の場合は「投資対象」「読み」「手法」「入りのタイミング」「出のタイミング」全てが上手く行かなきゃ基本負けになるのですが、CSP/CCWオンリーは「手法」に縛り入れてる状態ですけど、替わりに一番心理的に(アタフタしたり夜寝れなかったりと)大変な「出のタイミング」を先決めして基本的に無くしているのが良い所ですから、思惑と逆行ってもアチャーって位に思っときゃいいのです。

ただCCWで唯一負けを認めない方が良いケースが有ります。それはunderlyingがhigh dividendsな場合と一年近い保有で大きな含み益がある場合です。
こういう場合はrollをしてdividendsを取りに行く、一年以上の保有にしてtax advantageを取る、というのが定石です。

通りすがりさん、再度のご返信ありがとうございます。
本日、心穏やかに期日を迎えました。

7日にSNAPの急騰を目の当たりにしたときには、なんだか得をしたのか損をしたのか分からないモヤモヤとしたものが沸き起こってきたのですが(笑)、通りすがりさんから頂いたコメントを読んで気持ちの整理がつきました。思い切って投稿してみて本当によかったです。もし投稿していなかったら、モヤモヤがまだ続いていたと思います。

おかげさまで、今週末はゆっくりオリンピック観戦を楽しめそうです。(笑)
また今回の経験は、私のオプションデビューにまつわるエピソードとして、なかなか面白いものになったのではないかと思える余裕も出てきました。誰かに話すとしたらこんな感じになるでしょうか。
「いやー、うまいこと底値で買った現物CCWしたら、+40% overの急騰喰らっちゃってアチャー、だったんだよねぇ~」と。(笑)

通りすがりさん、コメント本当にどうもありがとうございました。
この先もオプションやその他投資についてまじめに勉強していきたいと思っています。
またモヤモヤに出くわすようなイベントが起こったら投稿させてください。(笑)

コメントを追加