covered expatriateにならないために資産の一部を夫と子どもに贈与する

virginia2022 2022/07/23(土) - 19:37

まだ先のことですが、アメリカ市民の夫がリタイアするより先に、妻の私がGCを放棄し、私だけ先に日本帰国をしたいと思っています。私個人の401kや家も含めた純資産が2Mを超えるので、資産の一部を夫と子どもに贈与して、私個人の資産が2M未満となるようにしてから、GC放棄しようと思ってます。こうすれば、covered expatriateになるのを避けることができると思うのですが、これって問題ないですよね?

贈与の事実はアメリカで申告します(贈与額は控除額約11Mよりはるかに少ないので、贈与税はかからない)。

その約5年後に夫がアメリカ市民権をもったまま日本に移住する、という計画です。

 

 

アップル(ゲスト) 2022/07/28(木) - 15:17

贈与税は受け取り人ひとりあたり年間$15,000まで非課税と思うので、例えば夫と子供が一人として年間$30,000づつ資産を減らせると思いますが、このペースで大丈夫ですか?$2Mの内容はわかりませんが、キャピタルゲイン、配当、利子等が1.5%以上であれば、資産は全く減らない計算ですよね?

 

virginia2022 2022/08/03(水) - 15:29

コメントありがとうございます。確認したところ、贈与の生涯非課税枠(約11M)を超えないかぎり、(贈与の申告は必要ですが、)贈与税を払うことはないので、CG放棄の直前に一括で贈与しようと思います。とある動画(専門家)で、「家族間で贈与して2M以下になるようにするのは、一つの対策」と説明しているのを見つけました。

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
Image CAPTCHA
上に表示されている文字を入力してください。