WEPと海外年金の繰り下げ 

かえで(ゲスト) 2021/12/13(月) - 13:54

 米国Social Security 年金の受給資格がある夫がまもなくFull Retirement Ageの66歳 と数ヶ月になります。現在は英国在住で、英国の公的年金も同時期に受給できるのでWEPの対象となりますが、WEPによる減額を少しでも回避する作戦としての米国以外の年金の繰り下げについて質問させてください。

 ここ英国のEXPATS 掲示板では、海外年金を実際に受給するまではWEP による減額はないという声と、SSCのWEPに関するサイトの "The WEP can apply if ..... you first became eligible for a monthly pension based on work where you didn't pay SS tax....."の1文の "Eligible" という言葉から、海外年金を受給していてもいなくても、受給資格が発生した時点で米国年金は減額になるという声の二手に分かれています。

 こうした声も実際の経験談ではなく、推測あるいは希望的観測にしか過ぎないようですが、実際のところどうなのでしょう?どなたか経験談をお聞かせください。

 

 

コメントを追加

Image CAPTCHA
上に表示されている文字を入力してください。