ブログ

アメリカから日本への送金体験談

何回か掲示板でトピックになっているにもかかわらず、私自身はアメリカから日本へ送金したことはありませんでした(日本からアメリカへは経験あり)。日本へ行くときはクレジットカードを中心に使い、現金は日本の貯金を少しずつ引き出したり、少額をドル紙幣で持って行って空港で両替してたので、大きな金額($1000以上)を移す必要がなかったのです。

とは言ってもだんだん日本の貯金も減ってきたし円安も進んだので、少しまとめて送っておこうと思いました。目標としたのは「できるだけ手間なく簡単、安全に送金できること」でした。手数料は安いほうがいいですが、そのためにわざわざ口座を作ったりするつもりはありませんでした。Vanguardなら手数料無料という掲示板の投稿がありましたが、送金したのはその前でした(残念!)

Bank of Americaではオンラインで送金先の銀行口座を入力できます。送金方法としてWireを選び、受取先の登録をします。Bank of Americaで円に変えると多分手数料が高いので、受け取り側の通貨を「不明(Unknown)」とするとUSドルそのままで送ってくれます。国と送金タイプ(個人かビジネスか)を選ぶと、なんと日本の銀行一覧が出てきます。今回の送金先は三井住友。ちなみに英語名はSumitomo Mitusi Banking Corporationと順序が逆。都市を選ぶと、支店の住所一覧まで出てきます。支店番号と口座番号は自分で入力しますが、支店の選択肢がきちんと出てくるのは、SWIFTとかを入力してちゃんと送られるかと考えるよりもなんとなく安心です(本当に信頼性が高いかどうかは不明ですが)。全部の項目を入力すると送金先として登録され、送金できるようになります。

肝心の手数料ですが、以下の様な形でした。

送金元:Bank of AmericaのChecking口座 国際送金手数料 $45
受け取り:三井住友銀行 受け取り手数料 1500円
為替手数料:1ドルあたり1円

おそらく送金に慣れている人から見ればかなり割高な送金かと思います。これを現金で日本に持って行って、空港で$1あたり3円で両替した場合と比較すると、おおよそ$3400くらいが損益分岐点。それよりは多い金額を送金したので、現金で持って行くよりはマシだったのですが、Bank of Americaの$45がちょっと痛いところ。これがVanguardを使って無くなるのなら、損益分岐点が$750とぐっと低くなるので、もっと送金を使ってもいいかもと思いました。

オンラインで送金して安心していたら、銀行から実家に電話が・・・。確認したいことがあるとのことで、指定された銀行の番号に電話すると、送金目的を聞かれました。そう言えば日本からアメリカに送金するときもマネーロンダリング防止と思われますが、送金目的を聞かれました。送金元、受取先の両方とも自分名義の口座ですし、日本に行った時に使うお金と伝えたら、それで大丈夫でした。今後は自分名義の口座からの送金の場合はいちいち送金目的は伝えなくていいとのこと。この送金目的の確認で2〜3日時間が経ってしまったので、通常よりも長く時間がかかってしまいました(ちなみに電話を受けた際に住所が変わっていないことも判明し、それもあって余計に時間が・・・)。

みなさんが掲示板で書いていたコルレス銀行は、Bank of Americaのオンライン画面では入力できず、また三井住友から送られてきた計算書にも記載がなく、全くわかりませんでした。上記に書いた手数料以外も掛かっていないので、少なくとも今回は気にせずに済みました。

総じて言えば、Bank of Americaでオンラインだけで銀行と支店までちゃんと指定できるのは便利だけど、手数料は高い。私のようにめったに送金せず、安全+簡単さを優先するのなら良いですが、ちょっとでも節約しようと思えば、Vanguardか、確かFidelityも送金手数料無料(とKayさんが書いていた)だったので、そういった金融機関を使う方が良いですね。

コメント

2014年11月20日にFidelityに行ってUSドルを円になおしてからUFJ銀行の私の口座に送りました。1ドル114.56円で変換してます。Fidelityからの送金手数料みたいなのはないです。少なくとも明細には残ってないです。UFJ銀行の受け取り手数料もないです。高いのか安いのか不明(笑)。
欠点はFidelityの支店に直接行かないといけないことですね。

11月20日の為替レートはYahoo! Finance によるとだいたい118円だからドル当たり4円の為替手数料なんですかね。ドルのまま送って日本の銀行で円に替えてもらった方がレートが良さそうな気がします。送金も受け取りも手数料が無いのは良いですね。

11月20日の為替ルートTTBとTTS見つけました。
http://www.murc-kawasesouba.jp/fx/past/index.php?id=141120
なるほどー。今度送るときはドルのままUFJ銀行に送ってみます。

あー、そう言えばTTSとTTBは仲値からプラスマイナス1円でしたね。僕の記事では仲値から1円の意味で為替手数料と書いたので、つまりイコールTTBです。日本の大手銀行のTTBはだいたいどこでも仲値から1円なんでしょうね。

日本から60万円現金で持ってきてbank of Americaの自分の口座へ両替入金したら、すーーごい高いレートとられた。BOAは何するにも高いです

現金だと更にレートは悪くなりますよね。円とドルの取引は基本的には日本でやるほうが良いということですね。

Fidelityでは店頭で送金先を事前に登録し、電話で送金依頼しています。UFJ銀行のリアルタイムレートで片道25銭で両替しますが随時TTSは変わるので注意が必要です

人力で運ぶのであれば、ドル建てTCを日本のシティバンクに持ち込んでドル口座に入れればまったく手数料が掛かりません。後日気が向いたときに円に替えればいいので楽です。US出るとき$1万以上、日本へ入るとき100万円以上はそれぞれ要申告ということですが。

コメントを追加