ブログ

老後の資金、どう考える?

アメリカで働いている間は、401Kのマッチ分を拠出してきたし、今でもRothIRAも続けてはいるものの、ハッキリ言って我が家の年金ぜんぜん足りません。ソーシャルセキュリティも、私なんかまだ10年間アメリカで働いていないから、貰える資格さえないです。

アメリカによくあるリタイアメントにいくら必要かの計算を、マニュアルどおりすると、我が家の世代はインフレーションを考慮すれば、65歳くらいで$2milくらい必要なことになります。

2億円ってことですよ。(ゴーン!)

こういうのでやってみてくださいな。
http://cgi.money.cnn.com/tools/retirementneed/retirementneed_plain.html
http://tinyurl.com/yaqwa43

それに届くには、401KもIRAも上限まで拠出して、更に$10Kくらい、それとは別で投資しないといけないことになります。年間$30K以上の投資、順調にファンドが平均7%くらい増え続けるとしてですよ。

このほかにも、子供の学資529プランに、月$1000くらいは積み立てていかないと間に合わないです。それも順調にファンドが増え続けるとして。それでも私立の学費にゃ足りません。

しかしながら現実的には、私が401KやIRAを積み立て始めたこの10年間、株価はかなり伸び悩んでいます。ちっとも増えやしません。
いいペースかな?と思いきやいきなりドーンと下がったりして、今年はやっとだいぶ取り返したぞ~、あ~でもまたドーンと下がったらどうしよ~くらいのペースです。
年金計画ではなぜかいつも毎年7~8%上がることになっていますが、どこがじゃ!とか正直思っています。

この前の生活費計算で、ごく平均的な、$100Kくらいのローンを組んで家を買ったとしても、贅沢なしのベーシックな生活をするだけで、年間$60K~80Kいることを具体的に書きました。

ここに、マニュアルどおりに従えば、さらに年金に$30K、学資に$12K必要となり、年間$102~122K必要です。
共働きになれば、ここにさらに$20KくらいのDaycare、Preschool代がかかったりするわけです。

これを全部払える世帯って、少ないと思います。
我が家はハッキリいって無理です。
若いうちは、共働きなら大丈夫なんじゃん? 年齢いけば給料上がるんじゃん?
とか思っていましたが、いくらアメリカだって女性が家事や子育てを負担しながら、男性よりは稼げない場合がほとんどです。キャリアがある方でお金で解決する人もいますけれど。
収入だって、マニュアル的には、経験やインフレに合わせて伸びていくということになっていますが、現実はなかなか伸びないし、レイオフもどんどん頻繁化して、いい稼ぎを長期間維持するのは、大変なことです。

そもそも、アメリカの都市部でさえ、平均世帯収入は$60K程度なのに、ミドルクラスの生活を維持するのにそれだけ必要になるというのが、わけわかりません。
確かに収入$60Kでも、場所によっては家を買うことはできます。でも、将来必要なたくわえを十分にする余裕はとてもでないけれどできないですよね。

だいたい普段の生活がギリギリなのに、そんなにガンガン株に投資する気になります?
うちはなりません。

しかしこのままでは、ミドルクラスの将来は、

ソイレントグリーンしかありません!!涙

きのう、夫と話していたんですよ。これじゃあ長生きしたくないね。
今、何にも貯えないで使っちまって、働けなくなったらソイレントグリーンになるか~と。笑

ちなみに、ソイレントグリーンとは、昔の映画で、アメリカ2022年、超格差社会のために、貧乏人は自ら安楽死を選ぶ社会になる、その死体はひそかに貧乏人への食糧支給であるソイレントグリーンという板状のスナックの原料となっていた、と言う話。

まー、それはさておき、私が言いたいのは、普通に給料で稼いだお金を普通にpaper assetsに投資していたら、とてもじゃないけれど間に合わないぞ!ということ。

じゃあどうしたらいいのか。
そうするとやっぱり不動産賃貸が魅力的に思えてきました。だって、人のお金で資産を貯めるんですから。
インフレにも強いですし、将来、思ったよりも年金も401Kもない場合でも、賃貸収入があればだいぶいいです。
年間何万ドルも株に投資して$2milになることをヒヤヒヤしながら期待するよりもいいような。。。

大家業は大変そうですけれど、ビジネスですものね。大変なのはどの仕事も同じと思えばきっと大丈夫です。やる気が出てきました。
夫も、それしかないだろう、と考えているようです。どのくらいのペースでやるのかとかそういうことは、まだわかりませんが、とりあえず勉強を始めます。