ブログ

不動産投資再考察

すっかり家のことで忙しくなっている我が家ですが、投資のことも全く考えていないわけではありません。
実は長男が手のかかる子なので、とうぶん私が仕事に戻るのが不可能なんですよね。
なのでどうにかして、私が働き手になれない分を工夫して、補う方法を見つけないといけません。
リタイアメント資金よりも、今助けになるものが必要なんです。

MAは高いので、私のブログのリンクにもある、ナガの海外不動産投資日記のアトランタ投資やアメリカ式楽ちんリタイアメントのすすめのメンフィス投資のようなのが気になるところです。

安い一戸建てを州外に買う。
ただ、遠隔になりますので、信頼おける管理会社に頼む必要性がありますよね。管理費用や修理費用が自分でやるよりもかかります。変なところに頼めば、ぼったくられる可能性もあります。

現金一括で買えば、それでも多少はキャッシュフローになると思いますが、ローンを組むとキャッシュフローも薄っぺらくなってしまいます。
それでも家賃払ってもらって家を保有しているのでいいという発想もありますが、何かあった時にすぐにマイナスになってしまうという問題と、大金を使う割には、手元に毎月入ってくるお金は小さいということで、我が家のようにすぐに生活の足しにしたいという人には、どうなのかな?ってのもあるんですよね。

そうなるとフリップの方がまだいいのかな?なんて思うのですが、物件の入手のノウハウや信頼あるコントラクターとの関係を築くのに、相当頑張らないとですもんね。。。もしMAが安ければやるんですけれど、高いから現実的には自宅のムーブアップくらいしかできないかな。。。

もうひとつ気になるのは、自分が銀行になる方法ですね。
Trust Deed Investingとか。これは8年くらいの間、8%くらいの収入になるようですね。
インデックスファンドよりも率いいのでは?

大家をやるにしても、最後セラーファイナンスで売ったりってことも良くあるようですよね。
問題は、貸した相手が払えなくなってしまった時ですかね?
ちゃんと物件の価値を見極めていて、First lien holderで、差し押さえて元取れるならいいですけれど。
この辺のリスクがどうもわかりません。
ちゃんとした設定があれば、それほど恐れなくていいのかどうか。

まあ何事もそんなに甘くないですよね。。。
その人の性質によって、投資方法の相性もあるでしょうしねえ。
みなさんの好みはどれですか?