ブログ

それで、みんなどうしているのだろう?

一体、我が家は無事アメリカに帰れるのだろうか?
帰って、ごく普通の家庭として、住まい、医療、教育に不安なく暮らしていけるのだろうか?

行けばどうにかなるさ。
みんなそうやって暮らしているじゃん。

なんて、アメリカのことを知らないうち、子供がいなくて気楽なうちは思っていました。
無茶もしましたし、一生懸命働けばどうにかなると思っていました。
でも今は違います。
人間がそこにいるから大丈夫ってもんじゃない。
Facebookの顔が笑っていれば、元気ってわけじゃない。
ニュースがクリスマスショッピングの映像を見せれば景気がいいってもんじゃない。

周りの人の大変そうな話をたくさん聞きます。

仕事を失ったまま長いこと無職だとか、親が仕事減ったり、病気になったりで、私立大学行けなくなったとか、クレジットカードのミニマムペイメントで生き延びられなくなったとか。。。ちょっと前まで、豊かそうに見えていた人たち。。。あれはリファイナンスだのHELOCだったのでしょうかね。。。

逆にうまくやっているという話はあまり聞きません。
正直、自分たちはどうにかうまくのりきっている方だと思います。

まだまだForeclosureの影響は続くようですね。
フードスタンプをもらうアメリカ人は、去年からさらに16%増えて、人口の14%になったそうです。
1 in 7 Americans rely on food stamps

アメリカなんてこんなもんさ、っていうレベルでない気がするのは私だけでしょうか?

我が家はそんな中でもどうにか生きていく方法を模索しています。
子育てとの両立、つまり時間制約が大きく、家事も倍増、アウトソースすればお金がかかるという条件で、アメリカで生き延びる方法です。

そこで大家さんというアイデアが出てきているのですが、計算してみると楽ではないな~というのがわかってきました。まあ楽に稼げる方法などないのでしょうが。。。

簡単に説明すると、
賃貸経営費用は家賃収入の40%くらいとします。
$1000で貸したら、実際に家賃として手にするのは$7200ということです。
そこからローン支払いを引きますので、月々の支払いが$600を超えたら、赤字です。
30年6%ローンで、$100K借りたら、月々$600です。

ね。楽じゃないでしょう?

節税だのエクイティを増やすだのの目的としてはいいと思うのですが、これで食べていくというとなると、十数を持ち、さらには売ったり、ファイナンスしたり、いろいろやっていかないと現金化できません。

頭金も少なくて、キャッシュフロー出せて、売って手数料だの税金だの払っても充分な利益が得られて。。。
なんていう条件が揃っているのは難しいです。
だって、元金支払いには時間がかかるんですから。

結局は最初から市場価格よりもうんと安く買う方法を探すしかない。

ね。楽じゃないでしょう?

でもまあどうにかやっていきたいものです。