ブログ

リックワレン牧師が語るリーダーシップとは?

 私のスピリチャルメンターのリックが信じ、実行するリーダーシップの姿とは世間一般で語られるそれとか、会社やMBAで習うものとは違っている。しかしリックのリーダシップは世界中の教会のみならず、ビジネス界、政治の世界にまで影響を与えモデルにされようとしている。私もリーダーシップに関するセミナーを何度も受けてきたが、今回のリックの切り口はわかりやすく簡潔なのでみなさんにもシェアしてみることにしました。

WHAT I BELIEVE ABOUT LEADERSHIP
私がリーダーシップについて信じること 
I often tell you that I love you because I do. But let me explain how that impacts how I lead our church family.

1. Leading you is a RELATIONSHIP.
1.「リレーションシップ」からのリーダーシップ
It is not a position or It is not a title. If I did not trust and love you, I could not lead you. If you do not trust and love me you won’t follow my leading. Real leadership is based on love and trust, which is earned through a track record of serving and sacrificing that gives credibility.
Thank you for placing your trust in me as I’ve tried to do what I believe is God’s will and in your best interest.
私があなたのリーダーとしての役目を果たしているのは、あなたを信じ、愛しているからで、私のポジションやタイトルではない。私があなたを信じて愛していなければあなた方も私についてくることはないだろう。 本当のリレーションシップである愛と信頼は、過去に行ってきた奉仕と犠牲の積み重ねからの結果として得られる「信頼」のみからしか積み上げることはできない。
「私を信頼してくれてありがとう。私は神が私にしてほしいということを信じそれを忠実に行うことがあなたからの一番の期待でもあると思う。」 

2. Leading you is a STEWARDSHIP.
2.「良き管理人」としてのリーダーシップ
True leaders know they own nothing - it all belongs to God - but they will be held responsible and accountable to Him for how well they managed it. Some leaders give the impression that they own everything - facilities... finances... and followers. But godly leadership has the exact opposite attitude! The greatest leader - Jesus - literally owned nothing. Saddleback is GOD’S church, not mine, and I’m simply a steward of whatever God wants to do through HIS church.
真のリーダーは自分の所有物など何一つないことを理解している。私たちの命も物も全て神から与えられたものだ。私たちは一時的にこの世に生かされている間にその物を神から預けられている。神からの一時的預かり物をどのように管理するかが、私たちに与えられた責任である。世の中のリーダーは設備やファイナンス、部下など全て自分のものだと思っているが、神を知るリーダーはその正反対の考えだ。この世の最高のリーダーはジーザスだ。彼は世界中の人に影響を与えているが、自分の持ち物は何もなかった。サドルバック教会も神様のもので自分の持ち物ではない。私は神の良き管理人としてこの教会を通し神の意思を伝え実行しているだけである。 

3. The only way TO LEAD anyone is TO SERVE them.
3.「人に仕える」リーダーシップ 
Jesus was crystal clear that leadership is about service, not “serve-us. It’s not about me. It is about fulfilling God’s purposes in your life. My job is to see what God sees in you, then help you become that person - even when you can’t imagine it yourself.
キリストは人に「仕えること」を実行され、「仕えさせる」ことではありませんでした。それは自分ではなく、他の人に神の目的を知らせることなのです。私の役目はあなたにそれが何かわからなくても神の目的を伝え、それを知ったあなたを見ることです。

4. Leadership is FUTURE-FOCUSED. 
4.「将来にフォーカスする」リーダーシップ
Most people are too busy with the present to think ahead about the future - but that’s OK - as long as someone you trust is thinking ahead for you. It is a leader’s responsibility to think ahead when others can’t, so I’m always thinking and looking at your life from the long-term perspective to help you maximize your future.
ほとんどの人は自分が今やっていることに忙しすぎて、これから先のことを考える時間がもてない。本人ができないのであれば、リーダーがその役目をやる必要がある。私はいつもあなたの生涯のことを考え、あなたの個性を最大限に生かせることができることを考えている。 

5. Leadership is ALWAYS BY EXAMPLE.
5.「見本を示す」リーダーシップ
  Leaders lead by doing it first. I am to show you with my own life, not simply tell you. If I don't lead by example I don't lead at all. For 30 years I’ve lived by the principle of Jesus: I will never ask you to do anything that I’m not already doing. I will never ask you to serve or sacrifice more than Kay and I do. 
真のリーダーはまず先に本人が見本を示し、言葉で伝えると同時にモデルとならなければならない。見本を示していなければ、何もリードしていない。過去30年間私はキリストの教えを守ってきた。
「私は自分でそれをすでにやっていない限り、あなたにもやりなさいとは言わない。私は私や妻のケイ以上に奉仕や犠牲を払いなさいとは決して言わない。」

デービッドのコメント: 私は過去6年間ほぼ欠かさずリックのメッセージを毎週聞き、サドルバック教会の変化を見てきました。リックのすごいところは、徹底した有言実行、裏表のない言葉と行動、そしていつもアンテナが人間ではなく神様を向けているところ。そのリックの暖かい人間性に惹かれ、責任を任され、神に奉仕している人間でサドルバック教会は成り立っている。この5つのポイントはまさにリックがいつも実践している。


11月29日にサドルバック教会でリックワレン 牧師とジョージブッシュ前大統領のCivil Forumが行われました。リーダーシップ、9-11、信仰、自由、祈り、小泉前首相などについて話しています。はっきり言ってこんなにブッシュってユーモアがあるおっさんだと思わなかった。
 http://www.saddlebackcivilforum.com/leadership/