住宅購入

日本では家は一生の買い物といいますが、アメリカではそういう考えの人は少なく、人生の節目ごとに買い換える人が多くなっています。結婚、出産、転勤/転職、退職(リタイア)などのタイミングで買い換えるのです。引越し回数が多く、また遠く離れた別の都市移ることも躊躇しない国民性から、Mobility(社会的流動性)が高く、住宅市場もそれに合わせて形成されています。 このような背景からアメリカでの住宅購入は、日本で家を買う場合と違う点が多くあります。アメリカ独特の仕組みもありますから注意が必要です。