海外研究者のありえなさそうでありえる生活

ボストンで研究者として働くKayがお届けするブログ (ファイナンス関連の投稿を集めたダイジェスト版)

About Me

2003年3月に日本で博士課程終了後、なぜかドイツでポスドクとして勤務。ドイツで天国のような生活を2年間楽しんだ後、2005年4月にアメリカのボストンに飛ぶ。 2007年3月にインストラクターに昇進。2007年夏に友人と「プロ研究者への道」を設立。
「海外研究者のありえなさそうでありえる生活」の著作権はKayに帰属します。 Copyright (c) 2007-2021 Kay
Kay 2009/1/22コメント: 0
サブプライムやら、エコノミッククライシスやらあって、昨日もCiti Bankが30000人だか40000人だか50000人だかの首を切るという記事があったばかりである。なのに、今日私のアパートの玄関には、「家賃50ドル上げます。 更新早くしないと、一週間毎に50ドルずつ上げていきます。」というふざけた手紙が入っていた。ほんとにふざけとる!何考えとるんじゃーーーーー!!!!そんなことしてたら、新しい…
Kay 2009/1/22コメント: 0
12月14日日曜日 夜外は6℃、部屋の中は28℃である。あちーーーー。普通の布団では暑すぎるので、Bed Bath & ○eyondで毛布を買ってきた。さっそく開けてみたところ、静電気大発生。ちょっと動かすたびにパチパチと静電気である。こんなので寝れないよー。パチパチならしながら袋に収めた。手、痛いんですけど。(それとも、部屋の中が乾燥しすぎ?)15日毛布とレシートを店に持って行った。サー…
Kay 2009/1/22コメント: 0
今回日本から持ってきた、今読むと、ものすごく納得する本「バフェットの教訓  逆風の時でもお金を増やす125の知恵」ルールその1 絶対に金を損しないこと。ルールその2 絶対にルールその1を忘れないこと。しょっぱなから、身にしみるお言葉。そいでも、日本では100年に一度の不況という話だし、高齢のバフェット(78歳)でも経験したことないかも。いろんな投資が落ちている。 落ちている。 私は今年もCapit…