Collectibleは儲かるのか?

Chee 2012/11/11(日) - 11:08
日本でもアメリカでも、私くらいの世代から若い人たちは、ややオタクというか、何かのマニア率、高いですよね。私はそういうのが特に無い、つまらない人間なのですが、夫はいろいろあります。

大体は、子どものときに集めたおもちゃの類なのですが、いまだにそれぞれのキャラや組み立て方、エピソード、入手のエピソード、どうやって遊んだか、などなど、全部覚えていて、それはそれはオタクです。笑

そんな彼も、過去10年くらい、ボチボチ売り始めています。

これのリターンを計算してみました。

10年前に売ったシリーズは、スターウォーズのフィギュア。
80年代初めのやつですね。当時は3ドルだったそうです。
人気が無いのは安く、人気のは高く売れたそうですが、平均すると10ドルくらいだったそう。
約20年の保有ですから、リターンは年6.2%。

ちなみに、さんざん遊んだ物です。
箱入り手付かずなら、100ドルにはなるみたいですから、年19.1%。
これならすごい!

あとは、トランスフォーマース。これは80年代半ばくらいでしょうか。
初期のものです。種類が多く平均化は難しいのですが、当時10ドルくらいのものだったのが、パーツが全部揃っていれば、だいたい80ドルくらいで売れるそうです。
今売ったとすると、年8%の計算になります。

ただし、パーツが欠けていると、20ドルくらいになってしまうそうです。年2.6%。

面白いことに、最近の映画化と、大人向けレプリカの登場で、やや価値が落ちているとのこと。10年前の方が高く売れたそうです。10年前に売っていれば、もっとリターン良かった!

それでも、箱入りでミントコンディションだと、今でも1000ドル超えとか。
10ドルが1000ドルですよ。。。
なんで箱開けたんだ!なんて思っちゃいますけれど、当時は普通に遊びたい子どもですからね~。

夫のすごいのは、遊んだ後でも、傷が少なく、ほとんどのパーツを失くさなかったところ。
同じくらいの年齢のいとこも、集めていたのに、彼は全部失くして、ぶっ壊していたそうです。

。。。ある意味、夫の方が変か。どうやって遊んでいたんだろう??
ーー;


最近売ったので面白かったのは、マクドナルドのハッピーミールの箱。
なんと1979の初期のやつ。
夫はこんなものを50箱ほどもっておりました。どこのマクドナルドかも覚えているそうです。
これは、一部を売ったのですが、1箱5ドルと、思ったよりもお金になりませんでした。
買ったのは日本人コレクターだったそうです。

調べると、当時のハッピーミールは$1.10だったようですから、それで計算しても、年4.7%となります。
実際は、中身を食べて、おもちゃ(こっちは取っておかなかった。。。残念!)で遊んで、残りのゴミの箱ですからねえ。まあまあでしょうか?

しかし、何で当時の夫は、おもちゃでなくて、箱を???(==;)

他にも、いろ~んなものを売ってきた、天然コレクターの夫によると、基本的にお金になるのは、初期シリーズのもの、だそうです。

今からでも、買って寝かせておけるものあるんですかね?

30年。


コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
Image CAPTCHA
上に表示されている文字を入力してください。