マスターベッドルーム ビフォーアフター

Chee 2012/08/06(月) - 09:47
まずはいつもどおり、恐怖のビフォアから。
シミだらけの汚い壁紙です。 壁にダメージがあるのかとか、タバコのヤニなんじゃなかとか、最初は思ったのですが、匂いもありませんでした。
ちなみにこの家には、タバコやペット、ネズミの形跡がないのがいいところです。
 ビニールっぽい壁紙ではなくて、水性の青ペンキが塗ってあるクラフト紙みたいな下地に表面はワラ?みたいなのが貼り付いたものでした。日本の昭和にもこんなのなかったっけ?というような感じ。 
一体いつのかは分かりませんが、汚れやすいような材質の壁紙が長いことそのままであったことは間違いありませんよね。 シミは単にそれが原因でした。 そしてアフター。
さわやかな淡いバイオレットにしました。 色がマッチしたカーテンやシーツが欲しいところです。
前と較べると、だいぶ部屋が明るく、広く見えます。ヒーターカバーも白に塗りました。
 清潔になったでしょう?

この造り付けのところをどう改造しようか検討中です。
しばらくはそのままですかね。 真ん中の棚にスクリーンでも置いて、前にラグを敷いて、ミニシアターにしてみるとか?
東京の賃貸から面積倍増、プラス地下室&ガレージになり、物の少ない我が家にはこの小さな家でもスペースが余ります。 

壁紙をはがして色を塗るというのは、とても大変でした。 剥がすのも大変ですが、そのあとに糊をふき取り、壁をできるだけスムースにする作業がとくに大変。 パテ埋めして、サンドペーパーかけて、プライマーを塗って。。。長い作業です。
中には部分的に切り取って、その部分のドライウォールを張り替えたところもあります。
それだけやっても、今でもまっ平らってわけではありません。 反射の少ないマットなペンキでごまかしています。
今後、気になるところはゆっくり手直ししていけばいいでしょう。 
あと残るペンキ塗りは。。。

ダイニングルーム
クローゼット 6つ
もうひとつベッドルーム(ゲストルーム)
廊下と階段 

まだまだ。。。 でももう急いでやらないといけないところは終わったので、気楽になりました。

 一通り、予定していた改装が終わったら、私たちの購入を手伝ってくれたエージェント(知り合い)を招待しようと思っています。さて彼女がいくらくらいで売れると言うか?楽しみです。


コメントを追加

Image CAPTCHA
上に表示されている文字を入力してください。