What's New!

日米租税条約改正は一体いつ発効?(3) by Max Hata 6/11/2016
前回は、米国で5年間という長期間に亘り租税条約が一切批准されていないという異常事態の中心人物であるRand Paulの父、Ron Paulの話しをしたが、当のRand Paulはどんな政治家なのだろうか。またなぜ租税条約ごとき(?)にそれほどの目くじらを立てているのだろうか?
Rand Paulも父同様、医学部を卒業して眼科医をして開業していた経歴を持つ。父のRon Paulの政治活動を...続きを読む
日米租税条約改正は一体いつ発効?(2) by Max Hata 6/4/2016
前回から、2013年1月にせっかく両国で合意されたにもかかわらず未だに米国での批准プロセスが終了しないために日の目を見ない「日米租税条約8年ぶりの改正」の話しを始めた。途中で憲法論というか、Federalismとは、みたいな話しで盛り上がり過ぎて肝心の条約改正の現状に話しが至らなかったので、今回はその辺りから始めたい。
租税条約の批准は上院の管轄である点は前回のポスティングで触れている...続きを読む
Rebalance (投資の再分配)2016 by Kay 5/31/2016
今年もはっと気づいたら投資のバランスが崩れていたので、今日Rebalanceをした。
投資の再分配のくわしい説明はFI planningの資産分配からどうぞ 。
ちなみに去年は5月11日にやったらしい。
その前の年はこっち 。
2013年の記事はこっち 。
rebalanceは1年に1回ぐらいやらないといけない。Index fund(インデックスファンド...続きを読む
日米租税条約改正は一体いつ発効? by Max Hata 5/29/2016
日米租税条約改正は一体いつ発効? 2013年1月のポスティング「日米租税条約8年ぶりに改正」で触れたように日米租税条約は両国が議定書にサインをして改正が合意されて久しい。ところが、この議定書、2013年1月24日にサインこそされたものの、米国側の批准手続きが完了しておらず、ナンと未だに効力がない。2013年1月と言えば3年以上も前の話しなので、尋常ではない。言い方は悪いかもしれないけど、日本的に考...続きを読む
Inversion(23)「Inversion・過少資本税制と米国税法のこれから」 by Max Hata 5/22/2016
1月に久しぶりにポスティングを再開するに辺り、「何を書こうかな~」と考えたあげくに気楽に選んでしまった「Inversion」。いつの間にか今回で23回に亘る長編になってしまった。

...続きを読む

掲示板の更新トピック

L2ビザでの株取引について Noriko 6/23/2016 2
ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非アドバイスをお願いいたします。
現在、L-2ビザ(EADあり)で年トータ... 投稿を読む
テンプ派遣のリタイアメントプランと資産運用のアドバイス もみじ 6/21/2016 2
こちらで色々ためになりそうな記事を見つけて読み始めたところの、独身のアラフォーです。
この歳で日米両方の銀行に... 投稿を読む
401Kを日本で受け取りたいのですが ひでお 6/21/2016 4
初めて投稿させていただきます。
現在私はもうすぐ60歳になります。
1990年から2006年までアメ... 投稿を読む
日本で付与されたストックオプションをアメリカで行使・売却する場合について お手上げ 6/21/2016 0
色々と調べているうちにこちらにたどり着きました。お知恵を拝借できないかと投稿させていただきます。
7年ほど前の... 投稿を読む
FBAR、日本での遺産相続を遅れて提出 パニック 6/21/2016 7
PFICに関して PFIC 6/6/2016 8

お知らせ