掲示板

本帰国します。アメリカから日本への送金について。

長文失礼致します。
アメリカに駐在して数年が経ちましたが、この度帰国することになりました。
駐在中の預金(20万ドルほど)をどのようにして日本に送金したらいいか夫の代わりに調べていて、こちらのサイトを見つけました。
知らない用語が沢山あり意味を調べながら読みませて頂きました。
私も夫も全くと言っていいほど英語が話せないこともあり、どうすればいいのか不安です。

夫はアメリカではWellsFargoの口座のみ、日本では三菱東京UFJの普通預金口座しか持っていません。
今は円高が進んでいるので当分はドルを円に戻すつもりはありませんが、いずれ時期をみて円に戻したいと思っています。

友人から聞いたのですが、帰国する前、WellsFargoに日本の住所に変更をしてもらう。
アメリカから海外(日本)にネット送金は出来ないので、信頼出来る誰か(夫の会社の人?)に委任者になってもらうようお願いしたらいいと聞きました。
日本に帰国後、夫の外貨預金口座を開設(新生銀行かソニー銀行?)し、委任者にドル建て送金してもらうという流れでしょうか?
もしWellsFargoから新生銀行に送金してもらう場合、中継銀行の手数料がどのくらいかかるのか気になっています。

しかし、正直なところ委任者に口座の管理をお願いするということに少し抵抗もあります。
帰国後、委任者にお願いする以外にアメリカから日本に送金、または口座を閉じる方法はあるのでしょうか?
ちなみに夫は帰国後アメリカに来る予定はありません。

WellsFargoの口座はtaxリターンの事もあり、すぐには閉じずしばらく持っておこうと思っていますが、
もし委任者が帰国することになったら、アメリカから日本に送金できなくなるのですよね?

また、日本の銀行はつぶれた時に外貨預金は補償されないので、このままWellsFargoに置いておくべきか?
今はWellsFargoのcheking口座に全額入れたままなので利息は付いていないようですが、
アメリカの方が金利がいいようなので定期預金に移して持っていた方がいいのかという気持ちもあります。
しかし、もしWellsFargoがつぶれたら場合、預金の補償はいくらまであるのか?
預金を分散させた方がいいのか?
定期預金も補償の対象なのか?

たくさん疑問がありすぎて、どうしたら良いのか困っています。
ご教示頂けましたら大変助かります。
どうぞよろしくお願い致します。

かなり質問が広い範囲で、どの部分にどう答えて良いのか分かりませんが、私ならこう考えるということを書いてみます。

まず、アメリカにそれなりの資金を残すかどうかですが、これは個人の好みと、実際に管理できるかで決まると思います。残しておきたいのであれば、あくまでも自分で管理できるめどを付けるのが良いと思います。委任者にお願いするというのは、せいぜい最後の(未払いの)請求書の処理とか、Tax Refundの受け取りのため、など今お持ちの貯金から比べたら少額にどどめるべきと思います。私なら1万ドル以上を人に頼って管理するということはしないと思います。

送金ですが、手数料が気になるお気持ちはよく分かります。準備期間が十分にあるのであれば(1ヶ月以上)、色々調べて、必要に応じて新たに口座を開き、送金を試しておくなどして最適な方法を選べば良いと思います。ただ、そこまで時間や掛けられる労力が限られているのであれば(英語が苦手ならなおさら)、今お持ちのWells Fargoから直接Wire Transferで日本の銀行に送る方法を使います。オンラインで本当に出来ないのかは疑問ですが、少なくとも一度は少額の送金を実際にしてみて、どのようになるか確認しておくと良いと思います。一度、送金先を登録すれば後からは同じ登録先に送るには少ない手間で出来る場合もあるので、その辺りも全て確認しておきます。手数料が何百ドルかかろうが、お金そのものが安全に送金できることが(全体の金額を考えると)大切かと思います。

日本で外貨預金として取っておくかどうかは、私なら一旦、別の問題として切り分けて考えます。確かに補償されないなど気になることはありますが、それよりも自分の管理下におけるメリットを考えると、管理が難しいアメリカの銀行よりは楽かもしれません。

ただ、アメリカの銀行であっても、正しく準備すればある程度のことは出来るはずです。住所を日本に変更した時どうなるかWells Fargoに確認してみてはどうでしょう?もし住所変更が面倒なようなら、アメリカに連絡先となる住所だけ会社の人の物を使わせてもらうか、会社にするか、転送サービスのようなものを利用するか、検討してみてはどうでしょう?その上で、オンラインでどこまで出来るか、電話ならどうか、書類を郵送すればできることがあるのか、確認すると良いと思います。口座の閉鎖は電話でできると思いますが、最悪でも書類の郵送でできるはずですから、日本からでもできるでしょう。残高が小切手で送られてくる可能性もありますが、最後に残しておくお金を少額にしておけば、リスクを減らせます。日本の銀行で手数料は取られますが、小切手の換金が出来ないわけではないので。換金方法をご自分の銀行で確認しておけたら良いのですが、普通のカスタマーサービスの係だと分からない場合もあるかもしれません。支店に直接電話するなど、少し手間を掛ければ教えてくれるかもしれません。

ちなみにですが、アメリカの銀行はFDICの保証があり、一口座当たり25万ドルまで保証されます。定期預金(Certificate of Deposit = CD)も同様です。

全体を通してみると、とにかく送金がどのように出来るのかがポイントになるような気がします。自分で実際に少額を送金して確認すれば、スッキリするのではないでしょうか。

Wells Fargoは日本の銀行への送金は無理なようですね。
https://www.wellsfargo.com/international-remittances/limits

日本の銀行への送金が可能な銀行に新たに口座を持ち、オンラインバンキングで管理してはどうでしょう。英語を話すのが苦手とありますが、慣れればオンライン操作もそうむずかしはないと思います。8年以上も前ですが、操作でつまずいて電話で問い合わせた時に日本語通訳のサービスを受けたことがあります。今もきっとあると思います。

因みにChase Bank のオンラインバンキングのwire transferでしたら1日上限 $25,000 (fee は1回につき$40)の送金が可能です。

Nobu様、buchi様

ありがとうございます。
ご返信頂いた内容を何度も読ませて頂きました。
確かに自分での管理が難しいアメリカに多額の預金を置いておくというのは精神的にもかなり負担になりそうですね。
日本で外貨預金として持っておいた方がいいような気がしてきました。
また、多額の預金の管理を委任者にお願いするべきではありませんね...

Wells Fargoから日本の銀行への送金が出来ない旨、教えて頂き助かりました。
まさかWells Fargoから日本に送金出来ないとは思ってもみませんでした。
取り急ぎ他の銀行で新しく口座を作ろうと思います。
他の投稿も読ませて頂きchaseと新生銀行で口座を作るのが最善かと思いました。
chaseから新生銀行へ外貨建て送金するのが一番手数料を抑えられるのではないかと考えています。
(1回につきchaseの手数料40ドルで送金可能?)

chaseでオンライン送金が出来るのなら、帰国後に新生銀行で夫の外貨預金口座を開設して自分で送金出来ますね。
合わせて、マイナンバーも申請しないと海外からの受け取りは出来ないようになったと知りました...
buchi様が以前オンライン操作の件を電話でお問い合わせされた銀行というのはchaseでしょうか?
もし日本語で問い合わせが出来ると安心です。

Wells Fargoには日本に住所変更をした場合や口座の閉鎖について確認してみます。
そして、帰国後に?W8-BENの提出もしないといけないのですね。

Wells Fargoを使ったことがないので、全く外してるかもしれませんが、Wire Transferが出来ないというのは信じがたいです。bushiさんが参照されたページはExpressSendのリミット、と読めるので、ExpressSend(がどんなサービスかは知りませんが)、Expressではない、普通に依頼するWire Transferはできるような気もします。

https://www.wellsfargo.com/help/faqs/transfers/

このページでは最初の1回は支店を訪れる必要があり、それ以降は電話でできるとあります。Wells Fargoに(他の事項を)問い合わせる際に、ついでに聞いてみてはどうでしょうか?

別にWells Fargoに思い入れがあるわけでもないので、Chaseの方が良さそうなら、もちろんそちらでも良いと思います。手間と手数料の違いを把握すると良いでしょうね。

Nobuさんがリンクを貼ったページの中程にTransfers to a Foreign Countryという項目があり、それをクリックすると私がリンクを貼った先にたどり着きます。
でも日本への送金ができないなんて本当に信じがたいですよね。別のベーシックな送金サービスがあるといいですね。

日本語の通訳サービスがあったのはChaseです。
それと手数料は1トランザクションあたりの料金ですのでお間違えの無いように。

オンラインでは送金できなくても、ローカルオフィスでは出来るのかもしれません。
直接行って聞くのが一番確実ですね。

話すのが苦手でしたら短いセンテンスでいくつか質問を書いて用意してからいくといいかもしれませんね。長ったらしい説明を一方的にさせないように、出来るだけYes、Noでシンプルに答えてもらえるような質問。あるいはその場で翻訳機能を使うとか。

> 日本の銀行はつぶれた時に外貨預金は補償されないので

という点についてですが、これはそもそも

> 今は円高が進んでいるので当分はドルを円に戻すつもりはありませんが、いずれ時期をみて円に戻したいと思っています。

という制約から来る問題ですよね。これは比較的近いうちにいまより円安になるということが暗黙の前提になっているのかと思いますが、まずはその仮定が妥当かどうかを検討してみるのもありかと思います。確かにほんの3-4ヶ月前までは120円あたりでしたが、その水準になったのは高々この1年半ほどの話で、それ以前は5年以上にわたっていまよりむしろ円高でした。FRBが予定する利上げや日銀が打つかもしれない追加緩和などは一般論としては円安要因ではありますが、マイナス金利導入の後でも円高は止まらなかったわけで、こうしたイベント(それ自体も本当に起きるか、いつ起きるかなどには不確定要素がある)から予想される方向の変化が実際に実現するという保証はありません。

一方、外貨のままで持っていた場合、預け先が潰れて元本を失うリスクに加えて、予想外にさらに円高が進んでしまうというリスクもあります。しばらく先にたとえば$1が100円まで円高になったとして、その時点でまとまった円が必要になっていまより不利な条件で円転せざるを得なくなるということもあり得るでしょう。

なので、現状が異常な円高なのであって近いうちに円安になると信じる何か強い根拠があるか、いずれ円が必要になるまでの間元本が(ドルベースで)毀損されたり円高になったりするリスクを受け入れられるという状況であるか、などの事情がないのなら、為替のギャンブルを避けて早めに円転して安心を買うという考えもありだと思います。

その上で、もしドルのまま持ち続けることを選ぶのでしたら、銀行の外貨預金ではなく、(おもに)証券会社などで買える外貨(この場合米ドル)MMFとして持っておくという選択肢が考えられます。MMFにも制度としての元本保証はないですが、分散投資かつ安全重視(基本的に元本を守ることを目指している)の運用をする投資信託ですので、実質的には単一or少数の銀行の外貨預金よりずっと安全だと言っていいでしょう。少なくともどこか一つの企業が潰れたために全額を失うというようなリスクは避けられます。

この場合、最終的にはその証券会社で円転することになると思いますが、一般的には証券会社のレートは銀行よりも有利ですし、FXのサービスなどを介すとほとんど無料にまでなる場合もありますので、為替レート的なコストの上でも有利なことが多いと思います(新生銀行で20万ドルレベルを預けるとすぐに得られるプラチナステータスは証券会社並みのレートですが)。そしてこの場合は、一旦国内のどこかの銀行にドルで送金した後に利用する証券会社にドルのまま入金することになると思いますので、利用する証券会社がわかっているのならその証券会社がドル入金先として指定している銀行(できればそこからの入金手数料が無料か安いところ)へ送金するのがよいということなるでしょう。

Nobu様、buchi様

度々のご返信ありがとうございます。
Wells FargoでWire Transferについても確認してみます。
chaseの手数料は海外送金1回ごとに40ドルですね。
銀行に行く際には事前に質問をメモして持って行きます。

jinmei様

貴重なご意見ありがとうございます。
すべてjinmei様のおっしゃるとおりで、何度も読ませて頂き考えさせられました。
円高が進んでいるこのタイミングで帰国...120円ぐらになるまで待ちたいと思っていたのです。

証券会社の投資信託を持つという方法もあるとは全く知りませんでした。
日本の銀行で円かドルのまま持つという選択肢しかないと思っていましたが、
投資信託も検討してみます。
本当に勉強になります。

先程、wells fargoに行って色々と確認致しました。

●口座保持手数料が無料になるには25000ドル必要とのこと。
こんなに高いとは知りませんでした。
25000ドル以下になると30ドル/月かかるそうです。

●日本に住所変更は可能、手紙も日本で受け取れるそうです。

●日本から口座を閉鎖する場合、電話のみ受付する。
FAXや手紙はダメとのこと。
電話は日本語でも対応できるそうです。

●オンラインで日本に送金は出来ない。
銀行に直接行くか、電話のみ可能(internationl assistance call collect)。

●日本への送金の上限金額はなし(いくらでも送金可能)

●wells fargoからドル建て送金する場合の手数料は45ドル/一回ごと
円に換えて送金する場合の手数料は35ドル/一回ごと

●wells fargoから海外に送金した場合、コルレス銀行の手数料はかからない。
(日本の銀行で受け取り手数料は必要)

試しに私が持っている新生銀行に100ドル送金してみました。
本当にコルレス銀行の手数料がかかっていないか気になります。
また後日、ご報告いたします。

帰国後、日本でドル口座を開き、自分宛に書いたwells fargo の小切手をそこに入金するというのはできませんか(推測ですが)。

なな子さん、情報シェアしていただきありがとうございます。
電話で送金という手があったんですね。ということは他行に新たに口座を開設する必要がなくなったということになりますね。

25,000ドル下回ると30ドルの口座維持費の件ですが、これはなな子さんの口座がPMA Packageというプランだからだと思います。これはほかの商品(口座)より利率が良かったり、他行ATMの手数料がタダになったり、チェックブックが無料etc.なパッケージで、だからちょっと残高最低額が高めになっています。

しばらくドルをデポジットしておくための口座なら、別のプランに変えてもらうという手もあります。

実は私もモゲージの関係でWells Fargoにアカウントを開かざるを得なくなり、考える間も無く勧められるがままにPMA Packageにしましたが、冷静に考えると特に必要のないサービスが多かったのですぐに口座維持費免除の点で有利な商品に変えました。

下の最初のリンクが なな子さんが現在持っていると思われるプランで、2つ目のリンクが私が現在私が持っているPreferred checking accountの手数料に関する資料です。Preferredは残高10,000ドル以下になると$15です。(因みに、うちはモゲージ&給料振込みに使用しているので10,000ドル下回っても$15は免除)

https://www08.wellsfargomedia.com/assets/pdf/personal/checking/fees/pma-...

https://www08.wellsfargomedia.com/assets/pdf/personal/checking/fees/pref...

他にもプランがあると思いますので、また窓口に行って相談して、ご自分の状況に合ったのに変更するといいと思います。
ただ1つ気をつけなくてはいけないのが、プランを変更すると受けられるサービス(特典)が変わってきますので、なな子さんが本当に必要としている送金に関する条件(送金額の上限や手数料、電話での送金手続き)が引き続き同じなのかも確認してください。

buchi様

新たな情報をありがとうございます。
私の口座がPMA Packageになっていたのですね!
口座を開設するのに色んなプランがあるとは知らなかったです。
ほとんどの預金をcheckingに入れたままなので、利率は付いていないし、他行のATMを利用したこともなく、
チェックも自分で購入しました...
我が家はPMA Packageの特典を全く使っていないようです。
再度Wells Fargoに行って、プランの変更について相談したいと思います。
(海外送金の際の上限、手数料、電話対応が可能か確認します)

●新生銀行には無事100ドル着金しておりました。
Wells Fargoから日本への送金には、コルレス銀行の手数料はかかっていません。
(Wells Fargoにドル建て送金手数料45ドルのみ必要)

なな子さん、
送金上手くいったようで良かったですね。

私も近々日本にある自分の口座に送金しなくてはいけないので、銀行によってはオンラインでの海外送金不可ということを知れて良かったです。因みにChaseに問い合わせたところ、電話での海外は送金はできませんとのことでした。

お引っ越し準備大変ですね。頑張ってください。

ネットバンクの E trade Bank US から 日本へドル送金したことがある方いらっしゃいますか?

①支店はないのでネット上で申込できるように見えるのですが、
②中継銀行などの手数料など 

教えていただけたら助かります

E trade の trade の口座からでしたら、ネットで迅速に日本に送金できます。送金の手数料は25ドルだったと思います。日本の銀行、Mizuho でも5千円手数料がかかってました。Bank account でもできたと思いますが、以前は手続きが煩雑でした。

コメントを追加